ラフィート足袋型シューズ

外反母趾、浮き指、偏平足や靴でお悩みではないですか?

外反母趾lafeet 足の親指の付け根に痛みを感じる、外反母趾を予防したい、 外反母趾が痛くて歩けないなど・・・・ 外反母趾の解決の第一歩は正しい靴の選び方にあります。
外反母趾の重要なポイント
 
足袋型シューズて

外反母趾について靴とは

外反母趾と足袋型シューズラフィートについて、足の専門外来を行っている整形外科医師にお聞きしました。 外反母趾は母趾(親指)の付け根が「く」の字に 大きく曲がっている疾患です。 症状としては母趾が靴にあたることで痛みが生じ、 歩行が困難になるなどの影響が出てきます。 長年放置しておくと母趾が隣の第2趾の下に入り込み、 第2趾が脱臼するケースもあります。   外反母趾は圧倒的に女性に多い疾患で、外来患者の約9割を占めています。 その原因としてはハイヒール等の靴との関連性が強いと考えらています。 常に靴を履いて生活している欧米ではポピュラーな疾患で、手術も多く行われていますが、 日本は靴文化の歴史が浅いため、外反母趾への関心が低く、 対処法の情報も少ないのが現状です。   軽度の場合は靴の指導や運動療法により、痛みを軽減したり、変形の進行を予防することができます。 中程度や重度に進行し、痛みで日常生活に支障が生じる場合は手術治療を行います。 その場合は、足の外来を専門としている整形外科医の診察を受け、症状に応じて慎重に判断する必要があります。 最近では手術による治療が年々増加傾向にあります。   外反母趾を防ぐには自分の足の形を知り自分に合った靴を履くことが大切です。 ただ、多くの女性はファッション性を重視しての靴選びになる傾向は強いと思います。 大切なのは外反母趾になった時に症状と上手く付き合い、進行を防ぐことにあります。 足袋型シューズを利用することも一つの方法だと思います。   足袋型の構造なので母趾の外反が抑制される効果が期待できます。 ラフィートを履くと母趾を独立して動かせるようになり、母趾で地面を 踏むという感覚が得られ、スムーズな歩行につながりやすいと考えられるのです。 解説ムービーはこちら 靴をラフィートに変えるだけで、外反母趾が治るわけではありません。 痛みの軽減や安定した歩行、外反母趾進行の抑制効果が期待できます。 軽度や中程度の外反母趾がありながらウォーキングを楽しみたいという方に とっては非常に適した靴です。※浮き指、偏平足の方にも良いです。    

その他:ラフィート

ラフィートはランニング用ジパング、ナース用ラフィートもあります。 どちらもひかり整骨院で購入できます。 (ランニング用 ジパング)                  (ナース用ラフィート) ランニングナース