鍼灸治療

鍼治療は健康保険が使えます

以下の症状についての鍼灸治療は、健康保険が適用されます。
    • ・神経痛
    • ・リウマチ
    • ・頸腕症候群(首から腕への痛み)
    • ・五十肩(肩関節の痛み)
    • ・腰痛症(ぎっくり腰を含みます)
    • ・頚椎捻挫後遺症(ムチウチなど)
    • ※ その他、医師が認めたもの
  はり・きゅうの保険治療を受ける際は医師の同意書が必要になります

鍼治療は症状に合わせたツボを選択し、体全体の症状に効果的です。

鍼治療は人間自身が持つ自然治癒力を高め、様々な症例を改善させます。 主な治療効果としては
  • 疼痛の緩和
  • 血行不良の改善
  • 残存機能の維持・改善
  • リハビリの補助
  • 自然治癒能力を高める
  などが挙げられます。 これらの治療によって、慢性的な症例の改善やQOL(生活の質)の向上が期待できます。  

電気鍼治療(保険外治療になります)

身体に刺した鍼に微弱な低周波パルス通電をします。深いところにある神経に電気で刺激を与えるので、痛みの他、こりや疲労の除去、血行の促進などにより効果があります。

ツボに刺した鍼に低周波の電気を流し刺激します。

電気治療で皮膚に、ほぐしで筋肉に、鍼で神経に、矯正で骨に作用し、総合的に治療しますので、 諦めかけていた慢性的な腰痛・神経痛や椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症など要手術の方にお薦めです。

お灸

跡が残りにくく、煙が出ないお灸を使用

「合谷」は風邪の引き始めや目・鼻・歯の痛みなど首から上の症状に効果的。「足三里」は病気の予防、体力増強以外にも足の疲れ・むくみ・胃腸の症状にも効く万能養生のツボ。症状に合わせたツボやツボの流れを重要視する経絡等を選択します。跡が残りにくいお灸を使用。  

花粉症も鍼治療で行っています

 花粉症に効果の高い鍼治療とは 8_1-ok 花粉症の鍼とは、その名の通り、花粉症・鼻炎の症状にとても良く効く鍼による治療法です。即効性があり、鼻の粘膜に作用するツボを使って治療をしますので、治療後は、鼻詰まりが取れてスッキリしますし、鼻水も止まります。また、花粉症のシーズンが始まる前に治療をスタートしておけば、予防をすることも出来ます。

【治療の流れ】

1. 鼻周辺のツボに鍼を打ちます。 2. そのまま15分間寝ていてもらいます。 3. 鍼を抜いた後、鼻周辺・首のマッサージを行います。

【治療時期・頻度】

毎年決まった時期に花粉症の症状が出る方には、シーズンが始まる約1か月前から治療をスタートし、シーズンを通して治療を受けて頂くことをオススメします。 頻度としては、週2回を目安にして頂ければ、十分な効果が出るでしょう。 シーズン終了後も治療を続ければ、次のシーズンには、何もしなくても楽になる人が多いです。

【患者様の声1】

「二月中旬頃から鼻水・くしゃみの症状で悩まされていました。  肩の治療でこちらに通っていたのですが、花粉症に「はり」の治療があると知り、  試してみようかなぐらいの軽い気持ちで受けました。顔に「はり」は多少の不安もありましたが、受けたあとがとにかく“楽”。  仕事中に何度も席をはずして鼻水をかんでいたのに「はり」を受けてからは、ぐっと回数が減りました。 花粉症の季節といわれている時期の二か月ぐらい(週1回ですが)続けました。 翌年には、まったく症状が出ませんでした。 花粉症の話題になったとき、私は「はりが効く」と言っています。」

【患者様の声2】

「花粉症で、以前はくすりを飲んだり、注射をしたりしていましたが良くならず、  毎年同じことを繰り返していましたが、鍼・マッサージ治療をしたら、  すごく良くなりました。ものすごく楽になります。」

【患者様の声3】

「毎年くすりを飲んでましたが、今年は飲まなくても症状が出ず、とても楽です。  私はアトピーですが、特に荒れることなく、大丈夫でした。 」

【患者様の声4】

16112201

【患者様の声5】

17022201